現ラグビー日本代表が日本の未来を変える

現ラグビー日本代表が日本の未来を変える

こんにちは、kinacondaです。

いやぁ~やりましたね、ラグビー日本代表!

日本史上初のベスト8ですよ!しかも予選全勝で!

一体誰がこの結果を予測していたでしょう。。

長らくラグビーファンの僕も、申し訳ない話、全くこの結果は予想できませんでした。

本当に、選手とチームスタッフだけが信じていたのかもしれないですね。

 

大会自体も、台風による中止や悲劇がありながら、日本の善戦も相まって、今のところ期待以上の盛り上がりになっているのではないでしょうか。

実際に、すっかりラグビーの虜になった新しい同志(にわかファンとは言いたくない)もかなり増えたのではと思います。

大会期間中のピッチ内外での様々なシーンとそれらへの反応を見て、僕は今回のラグビー熱が点で終わってしまうとは考えられません。

そこで今回は、このラグビー旋風が今後の日本社会に何をもたらすのか、期待を込めて僕なりの未来予測を語っていきたいと思います。

 

 

ラグビーは野球やサッカーと肩を並べていく

僕は、今後ラグビーが日本でメジャースポーツになっていくと考えています。

なぜなら、その楽しみ方が、非常に日本人の性に合っているからです。

たとえ敵であっても、常に相手をリスペクトする、僕達日本人は昔からそう教わってきました。

そして今僕達が日々目にしているのは、正に勝っても負けても相手を賞賛し、敵味方関係なく一緒に盛り上がる、そんな美しい光景です。

本来いがみ合うことを避ける日本人にとっては、その点において非常に理想的な楽しみ方ができる競技なのではないでしょうか。

実際に、ラグビーであれば安心して子供や家族と観戦できる、そう考える人も多いはずです。

 

そうやってラグビー文化が日本に浸透していくことで、何がもたらされ、何が変わるのか?

ここからはそれについて深堀していきます。

 

①ダイバーシティの本質理解される

僕は今回の大会こそが、多くの日本人にとって本当の意味での「ダイバーシティ」を理解する機会になると考えています。

というのも、共に何かの目標に向かう上でどこで生まれたかは関係ないそれを選手たちから教えられているからです。

 

過去から現在まで、ラグビーのワールドカップを迎える度に、こんな声が聞こえてきました。

「外国人が多数いるチームが本当に代表なのか」

でも、今同じ質問をファンに投げかけた時、ほとんどの方が「これでいいんだ」と答えるのではないでしょうか。

どこで生まれようが、日本のために走り、ぶつかり合い、そして勝利という最高の美酒を味合わせてくれる、

そんな「仲間」達を国籍や出生地で否定できるのかと。

自分達と同じように、「日本」のためにという気持ちでいてくれている、それで充分じゃないか、

きっとそう考える人が大多数だと思います。

 

この思考が当たり前になっていくと、各々が普段日常で目にしている景色すらも変わっていくと思います。

ダイバーシティというのは、ただ異なる人種・バックグラウンドを持つ人間が集まっている状態を指しているのではなく、

過去に想像もしえなかった目標実現に向けて必要な手段なんだ、ということを今回のラグビー日本代表から教えてもらったからです。

多くの日本人にとって、学校や会社で外国人と触れ合い、協力する場面は今後さらに増えていくことでしょう。

そういった場面で、今まで特に意識しなかった、あるいは違和感に感じていた人も、今後はよりその環境を肯定的に捉えられるのではないでしょうか。

 

②愛国心の高まりがより外国人を惹き込む

ダイバーシティの深化に矛盾するかもしれませんが、僕は今後より愛国心が高まると思います。

なぜなら、それを存分に表現することが、とても美しいことであることを、現代表選手達が示してくれているからです。

この動画を見れば、それに納得していただけるのではないでしょうか。

 

 

過去にここまで選手とファンが一体となって声高らかに国歌斉唱をする光景を見たことがありますか?

少なくとも僕はないです。

他の競技を否定するわけではありませんが、ファンは歌っていても、選手は口ずさむ程度、というのが見慣れた光景だったと思います。

 

でもラグビー日本代表の選手達は教えてくれました。

「大きな声で国歌を歌っていい」ということを。

言い換えると、「自分の国を愛してる」と叫んでいいんだと。。。

 

そんなの時代遅れでは?海外の人に対して閉鎖的な印象を与えるのでは?

そう感じる人もいるでしょう。

でも実際の海外ファンの反応はどうですか?

その動画のコメント欄が物語っていますよね。

 

そもそも、自分を愛せない、肯定できない人って、周りからどう見られていますか?

しっかりと自分を好きになれる人が周りから魅力的だと思われるように、

自分の国への愛情を明確に示せる国が、その分外国の人にとって魅力的に映ると思います。

実際に、アメリカ人がよく「USA!!」と叫ぶように、欧米の人こそこういう舞台で自国の名を声高らかに叫んでいますよね。

そういった光景を煩わしいと感じることもありながら、一方でその堂々とした部分に、少なからず僕達は羨ましさを感じていたのではないでしょうか。

その意味で、僕はむしろ今の愛国心の高まりが、より日本をポジティブに発信し、日本に興味を持つ人がもっと増えていくと考えています。

つまり、ダイバーシティを阻害するどころか、むしろより多くの外国人を巻き込み、進化させていくと思うのです。

少なくとも、今既に日本のプレー、そして日本のファンの姿に心を打たれている海外のファンが多くいることが、それを後押ししているのではないでしょうか。

 

 

③自己犠牲再評価される

最後に、僕は今後改めて「自己犠牲」が評価されていくと感じています。

なぜなら、仲間のために体を張る姿、それこそが多くの人にとってラグビーに最も胸を打たれる要素だと思うからです。

 

最近「自分らしく生きる」、「自分が好きなことやる」という風潮が高まってきています。

それと共に、「自己犠牲」というのは古き悪しき考え方と切り捨てられてきたように感じます。

でも、「自分の好きな事って何だろう?」と逆に今の風潮から苦しめられている人も多くいるのでしょうないでしょうか。

それに対して、僕はラグビーがヒントを与えてくれている気がします。

「誰かのために頑張ることも自分らしさ」、ということを。。

 

華麗なパスを出すわけでもなく、豪快なトライを決めるわけでもない、でもそういう味方のためにひたすら敵とぶつかり合い、地面に倒されながらもまた味方のために立ち上がる選手がいる。

そういう選手達のプレーにも、多くの人が心を奪われているはずです。

なぜ心を奪われるのか、それは彼らがそういうプレーに自信と誇りを持ってやっていることが充分すぎるくらい伝わってくるからだと思います。

そもそもただ仕方なく、という気持ちであそこまで苦しく痛い思いを自ら進んでやる人はいないでしょう。

その選手達の自己犠牲の姿は、「自分は何をやりたいのかな」と日々悩まれている方に一つの光を与えるのではないでしょうか。

ああやって誰かのために頑張ることこそが、最も自分らしさを表現できる方法かもしれない、と。

 

自己犠牲なんて昔から日本人に備わってるでしょ?

そう言われて否定はしません。

でもこれまでのそれは、あくまで外から強制されたものだったと思います。

今回のラグビーを通じてもたらされるのは、それを自分のアイデンティティとして、肯定的に実践する人が増えるだろうということです。

 

必ずしも起業しなくていい、必ずしも自分が組織内で周りを牽引しなくていい、自分は誰かのためにサポートをしている時が一番自分が輝くんだ。

 

そういった思考が広まれば、今まで自分自身の現状に否定的だった人達も、違った捉え方できるようになるのではないでしょうか。

スターやリーダーでなくてもいい、そういう仲間のために身を粉にする人の姿も充分かっこいい

それをこれでもかと示している点で、ラグビーは全ての人に勇気を与えると思うのです。

独立するかサラリーマンでいるか、そういう二元論が飛び交う昨今において、

ラグビー選手の姿は、そのいずれをも超越した、誇り高き献身役を世に多くもたらすのではないでしょうか。

 

 

ラグビーこそが日本をより「美しい国」にする

以上、ラグビーが今後の日本に何をもたらすのか、について僕なりの見解を語ってきました。

なぜそこまで僕がラグビーのインパクトを評価しているのか、それはラグビーこそが、今後の日本に必要なものをものの見事に表現していると感じているからです。

 

ダイバーシティ、愛国心、そして自己犠牲(という自分らしさ)。

 

オリンピック後の日本経済を悲観する声が多く耳に入ってきますが、僕はその三つがより浸透していけば、まだまだ日本は魅力的な国に発展していけると信じています。

その意味で、この時代、このタイミングでラグビーワールドカップが日本で開催されたことを、つくづく幸運に思います。

 

今大会の開催に向けて尽力されてきた方々、日本に新たな風を吹き込んでくれた海外のファンや日本代表の選手、

そして台風の被害の中でも速やかに大会を再開させて運営の方々に感謝を表すと共に、

今回の災害で被害を受けた方、亡くなられた方のご遺族に対して、哀悼の意を表して締めたいと思います。

 

ではまた。

 

ライフカテゴリの最新記事