戦略コンサルと総合コンサルの違い【経験者が語る】

戦略コンサルと総合コンサルの違い【経験者が語る】

こんにちは、kinacondaです。

これまで何度かコンサルの実態についてお話してきました。

 

 

どちらかというと、入社してからの生々しい情報や働き方についての話が多かったように思います。

そこで今回は、より突っ込んだ話の前に、コンサル志望の方が特に最初に気になるであろう、

戦略コンサルと総合コンサルの違いについてお話していきます。

 

 

仕事内容自体は変わらない

まず前提として、会社単位で戦略系と総合系の二つがあり、

また総合系ファーム内にも、戦略コンサルタントとビジネスコンサルタントがそれぞれ存在します。

僕は同じ現場で戦略ファームの方、また自社の戦略コンサルと働いた経験がありますが、

結論、それぞれの間で仕事内容にほぼ違いはありません

理由は、十年以上前と比べ、純粋な戦略案件が減ってきたからです。

 

僕が支援したクライアントでもそうでしたが、企業内にもMBAを取得したり、一定戦略策定の知見を持った方が増えたというのが大きく影響していると思います。

また、各企業が戦略やプランニング以上に、「結局それで良くなったのかどうなのか」、

という「実行」に重きを置いているというのも戦略案件が減っている理由になります。

それゆえ、戦略コンサルファームが総合系同様に、デジタル領域など「解決策」に直結する領域に進出してきているのです。

 

とはいえ、それでも何等か違いが残っているからそれぞれの会社と組織が存在しているわけなので、

今でも引き続き違う点は何か、についてお話していきます。

 

戦略と総合系で違う点

仕事内容がほぼ変わらない一方で、今もなお違う点が大きく三つあります。

 

入社試験

まず、戦略と総合系では入社前からその違いが明確に存在します。

コンサルといえば、「ケース面接」をイメージする方も多いと思いますが、

正にその回数と質が大きく変わります

 

 

簡単にまとめると以下の形になりますね。

回数
  • 戦略系:3~5回、
  • 総合系:1~3回

ちなみに、僕は総合ファームでしたが、ケースは運良く最初の面接時のみの1でした。

同じく中途入社した同期に聞くと、大半が2回でしたね。

なので、最低2回は覚悟しておいた方がいいです。

逆にマッキンゼーやボスコンを受けた同期の話だと、最終面接までに多い人で5回、とのことでした。

これはコンサル未経験かどうかで変わってきます

従って、未経験からマッキンゼーなどを狙う場合は、最初から5回は受けると思っておいた方がいいでしょう。

 

  • 戦略系:英語面接有り(一部無し)
  • 総合系:英語面接無し

マッキンゼーやボスコンを中途で受ける方は、英語でのケース面接を必須と考えておいた方が無難です。

逆に言うと、優秀でも英語に自信のないという方が、よくそれ以外の戦略ファームや総合系ファームを選択するケースが多いですね。

英語ができるというだけで、他の部分でライバルに負けていても逆転できる、典型的な例だと思います。

 

 

待遇

現実として、やることは変わらないのに給与面では明らかな差があります。

例えば、僕がいた総合系ファーム内でも、新米マネージャーの年収で以下の違いがありました。

  • ビジネスコンサル:約1,000~1,200万
  • 戦略コンサル:約1,400~1,500万

トータルで200万も違うのですから、まぁまぁ大きな差ですよね。

 

一方、マッキンゼーなどの戦略コンサルでは、マネージャーで1,500万以上と言われていて、中には2,000万近くを受け取るマネージャーもいるそうです。

総合系のパートナークラスでようやく2,000万以上と考えると、その額の差が戦略系の強さを物語ってますね。

 

昇進ハードル

これは主に総合ファーム内での話になります。

基本的に総合系ファームでは、戦略コンサルタントより、ビジネスコンサルタントの方が昇進しやすいです。

理由は、やはり戦略と比べて一人当たりの人件費が安いからですね。

 

それゆえ、早く昇進して自分の組織を持ちたいという戦略コンサルタントの人が、ビジネスコンサルタントの組織に異動してくるケースもよくあります。

実際、僕が二年近くいた現場のプロジェクトマネージャーも、元々戦略チームで有名な方でしたが、

より早くパートナーになるべくビジネスコンサルのチームに移ってきたそうです。

そうやって、待遇よりも早く上に立って自分の組織を作りたい、という志で動く人も一定存在するということですね。

 

待遇を重視するなら引き続き戦略系

以上の通り、とにかくより高給を目指すなら、戦略ファームや戦略コンサルタントを目指すべきでしょう。

ただ、総合系ファームでは、コンサル未経験者を戦略コンサルとして採用することは稀です。

従って、総合系ファームから戦略コンサルになるには、社内異動、もしくはしばらく働いた後に戦略ファームに転職、というステップを踏むことになります。

その辺も市況や社内体制の変化に従い傾向が変わる可能性が高いので、詳しく知りたい場合は、コンサル専門エージェントに相談するのもいいでしょう。

 

今回の話が、キャリア選択の一助になれれば嬉しいです。

ではまた。

 

(以下その他コンサル情報↓)

 

コンサルカテゴリの最新記事