営業マンに向いてる人とは【元外資系金融営業マンが語る】

営業マンに向いてる人とは【元外資系金融営業マンが語る】

こんにちは、kinacondaです。

前回、僕が売れるため実践してきた三つのことについてお話しました。

 

 

今回は、「そもそもどんな人が営業に向いているのか?」という問いに対して答えていきたいと思います。

それこそ、僕は営業職時代から現職まで、ありとあらゆる営業マンを見てきました。

年収億超えのエグゼクティブや、30年以上歩合制で活躍し続けた職人さん、はたまた一瞬で消えていった方まで。。

色んなタイプの方がいた中で、特に売れていた人のタイプについて語っていきたいと思います。

営業に向いている3つのタイプ

 

僕の経験上、売れる人は以下三つのどれかに該当すると考えています。

  1. 営業を事務職のようにこなせる人
  2. 強烈な使命感がある人
  3. 人一倍物欲が強い人

 

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

①営業を事務職のようにこなせる人

一つ目は、まるで事務職のように営業をこなせる人です。

言い換えると、マニュアルや周囲の助言に従い、淡々とプロセスをこなしていく人ですね。

なぜこのパターンが成功しやすいのか?

それは、余計な感情を排除できるからです。

 

営業においては、得てして余計な感情が活動の足かせになるものです。

例えば、最も心理的ハードルが高いであろうテレアポ。

おそらく大半の方が、電話をかける前にこう不安に感じるのではないでしょうか。

 

「ガチャ切れされたらどうしよう」「友達にこんな電話をして嫌われたらどうしよう」

 

僕自身もそうでしたが、そういった感情に支配されると、相手の名刺を眺めながら気がつけば夜、なんてことがあります。

一方で、事務的にこなせる人は、そういった感情に左右されません。

上司や優秀な先輩に、「一日○○件かけ続けて□件とれたら成功する」と言われれば、

実際そうなるまで無心で電話をかけ続けることができます。

商談においても、下手に自分流に走ったり、空気を読みすぎてタイミングを逃す、ということもありません。

大半の人が一瞬躊躇するような質問やクロージングも、マニュアルに従い一つ一つプロセスを踏んでいくことができます。

こういったパターンの方は、爆発的な数字を出すことはなくとも、誰よりも安定し、長続きする傾向にあるようです。

実際、僕が営業時代、あるトップエグゼクティブに助言を受けに行った際、その方はあっさりとこう言い放ちました。

 

「営業は事務職だよ」と。

 

その言葉に色んな意味が含まれていると思いますが、端的に言うと、素直に成功例やマニュアルに忠実に動いていける、

そういった方が成功しやすい、ということだと思います。

僕は結構精神的にムラがあるタイプなので、このパターンの人を一番尊敬しています。

 

②強烈な使命感がある人

次は、自分が営業をすることで、「業界や社会を変えてやる」という野望をもっているタイプです。

この人たちの強さは、全てのアクションをその「変革」と結びつけて解釈できるところにあります。

 

例えば、営業において成約以上に重要と言われる紹介依頼。

多くの営業マンが、紹介依頼を単に「次の商談相手を獲得する行為」と考える一方、

使命感に満ちあふれた営業マンは、「自分が次に助けるべき相手を見つける」あるいは、「共にこの業界/社会を変えていく新たな同志との出会い」とまで考えます。

つまり、とっくに「売る」という領域を超えてしまっているんですね。

売る以上の、社会的意義のある活動をしている、そう強く信じているのです。

 

こういった方は、相手の心を強く突き動かし、多くのファンを獲得します。

「○○さんから□の話聞いてみたら?」ではなく、「とにかく○○さんに会ってみた方がいいよ!」という形で口コミが広がるので、

実際に会った際、まだ何も本題の話をしていないのに、ほぼその人から物を買うのが決まっている、という状態になったりします。

一方で、人によっては、少々宗教くさい、と敬遠されることもあるようです。

でも、そういう声すら気にせず走り続けられるのが、こういった方の強みですね。

僕個人は、結構このタイプに近いというか、こうなれたら無敵だなといつもそれを目指してきました。

おそらく、僕がインスピレーションを受けた諸先輩方にこのタイプが多かったかもしれません。

彼らには、自分がそれをやる圧倒的な「ストーリー」があるんですよね。

自分もこうして発信を続けながら、早くその境地に達したいと思う今日この頃です。

 

③人一倍物欲が強い人

最後は、ずばり物欲が強い人です。

このパターンの人がなぜ売れるのか、

それは、いつまでにどれくらい稼ぐ、というより具体的な目標を持っていることです。

人間て、結局目標に動かされる生き物なので、それが強くより具体的であるほど動きやすい、というのはある意味当然ですよね。

物欲の強い人、明確にいついつまでの○○を買いたいと決めている人は、その達成に向けてとにかく手段を選びません。

それゆえ行動や言動に迷いがない、というのが最大の強みです。

 

一方で、その気持ちが強すぎて、少々ルールから逸脱してしまうリスクがあります。

僕自身、そういった方が、売りまくった後に次々にクレームを集めたり、

最悪の場合コンプラ違反が判明したりして、結果早期退職という例を見てきました。

それ以外にも、目標を達成してしまった後に燃え尽き症候群になってしまう例もありますね。

いわば、ジェットコースターのようなタイプです。

 

でも、そういった方は、また新たな欲や目標を見つければ、同じように加速し出します。

そういった意味で、常に新たな目標を見つける工夫さえあれば、引き続き成功しやすいタイプだと感じます。

僕は、あまり物欲がない方なので、むしろこういった方々は常々羨ましいなと思いますね。

 

まとめ

 

以上、営業で成功しやすい三つのタイプについて話してきました。

あくまで僕自身の経験上からの話ではありますが、どれか一つに該当し、「自分もイケるのでは?」

と思っていただけたら幸いです。

むしろ、「こんなタイプも成功するよ」というのがあれば、ぜひ教えていただきたいですね。

僕自身も、まだまだ発展途上ですので、自分に合うスタイルを確立していきたいと思います。

 

一緒に頑張りましょう。

 

ではまた。

 

仕事カテゴリの最新記事